Thursday, August 30, 2007

What am I doing???

先日からまた始めちゃった新しいプロジェクト。
最近、型紙を切り抜いてピーシングするのがマイブームです。
この型紙もシリアルボックスの空き箱。(笑)
この型紙を空き箱とかいらないカードボードで作るってのもマイブームの一つです。
こんな事やってないで早く途中になってる他のUFOsを仕上げろよ、ってのは分かっているんだけど。。。。♪分かっちゃ~いるけど~止められない♪古っ。。。。

Thursday, August 23, 2007

Small size quilts vs. Bed size quilts

最近、ものすごくはまってます、Doll QuiltなんかのSmall Quilt作りに。
このキルトが以外に簡単にキルティングなんかも出来ちゃって大きな作品にはない楽しさがあったので、そこからが始まりでした。
もともと、Doll quiltsやCrib quiltsなんかは好きだったので、いつか色々と作ってみたいとは思ってたんだけど、やはり数々のUFOsを前に「これ以上、他に手を出すと収集がつかないなぁ。。。」っても思ってました。が!これが、意外にもDoll quiltなんかのちっちゃなキルトって、そういった大きな作品を片手に作成出来るって事に気づいちゃったんだなぁ~おほほほ~。(笑)
しかも、手でちまちまと縫ってても嫌になんない、小さいから、出来上がりが。(笑)

ということで、今回作ったキルトも14”x14”という小さなDoll Quiltです。
こういった配色のキルト、作りたかったんですよ~、あぁ嬉しい、大好きな雰囲気に仕上がったなと我ながら大満足。(笑)
何度も眺めては顔が綻んでいます。(笑)





Tuesday, August 21, 2007

Had to be you

Happy 10th anniversary, darling!

今日で結婚10年目です。
これに付き合った期間を加算すると、うんと長くなるので「え?まだ10年ぐらい?」って感覚なのですよ。
実は私達、大恋愛をして結婚しました。ははははは。。。。
あの当時、今のようにネットがあり、そしてブログなんかがあったりしたら、このSimple Pleasuresも全く違ったものだったはず。よかったです、そんなものがあの頃になくって。。。。(爆)
当時の日記なんかを振り返って読むと「おぉ~勢いあるなぁ~」ってな恋愛をしています。
昔、職場の男友達に山田詠美さんの「ラビット病」って本を貸したところ、読み終わった感想が「これって、お前達の事?」でした。(苦笑)
あの本を読んだ方ならお分かりですが、かなりな熱愛、それも、ちょっと角度を変えて冷静に見ると「ばかップル??」ですね、あの本のまんまだと。(笑)
人に言われて私も「えっ。。。こんな風に映るかな。。。人には。。。」と、ちょっと絶句でしたが。(爆)
ちなみに、ダーはあの本に出てくる「ロバちゃん」よりは落ち着きのある「大人の男」でしたよ、と彼の名誉のためにも書いておきます、結婚記念日だし。(笑)

そのダーは只今、高イビキをかいています。あっ、記念日なのにこんな事を書いたら台無しだ。(苦笑)
そして、息子がダーの横で大の字で寝ています。
私は何処で寝ればよいのでしょうか~。。。息子殿。。。。
結婚記念日も、手のかかる子供が2人もいては「2人でゆっくり」なんて、なかなか出来ないのです、とほほほ。。。。

Saturday, August 18, 2007

Sundress

珍獣、大きくなりました。
このサンドレスは去年からずっと作りたかったもの。
が、去年は作れずに今年も暦では夏が終わりそうなこんな時期になってまでも、布も眠ったままにしていたので「これはいかん」と昨夜裁断して今日ダダダーッと作り上げました。
型紙を写すのが一番面倒って思ってたので、こんなにも長い間ほっておいたのですが、これからはこの写し終わった型紙があるので娘が次のサイズになるまでは何度も使えそうです。
とにかくこのパターン、作ってみると物凄く簡単。
が、ちょっと失敗したな~って思ったのが、この布。
ガーゼの布なのですが、ほつれやすいので縫うのに時間が意外とかかりました。
子供の服なので、夏だしガーゼが涼しげで可愛い!って安易に思ったのがいけなかった。。。。確かに出来上がりはふんわりしてて可愛いです。でも、ほつれやすくって相当縫いづらいです。(苦笑)

後ろはこんな感じに。
こういったホルターネックって可愛いくって大好きです。
我ながらなかなかのものだ、と自己満足。(爆)
この勢いでまた布を変えて数枚作ってみたいな。
この手のドレスって何枚あっても便利なんですよ、オムツ変えるのも楽だし。(笑)お風呂上りに涼むのにもOKだし。




お手本にしたのは、下の2冊。
伊藤まさこさんの「こはるのふく」と洋裁初心者の私を助けてくれたソーイングの基礎の本です。

Thursday, August 16, 2007

My Lovely Grandma

先週の木曜日から90歳になる祖母が遊びに来ていました。
12歳になる妹も一緒に来ていたので、我が家はちょっとした大家族に。
一週間という短い間でしたが、それぞれに心に残る思い出が出来たように思います。

この間、PCさえ扱う時間の余裕もなかったので、ブログのUpも出来ず、キルトに関しては、私にしては珍しく殆んどといっていいほど針を持ちませんでした。
さ~今日から頑張るぞ~って言いたい所だけど、この一週間は睡眠時間も極端に少なかったので、なんだか今日はボーッとしています。まるで時差ぼけでもしたかのように。。。。
体を戻しておかないと、もうすぐ夏休みも終わるんだけどなぁ。。。。
夏休みが終わると、また朝から大変な日々が始まります。恐怖です。(爆)

Tuesday, August 7, 2007

Needle Case

かぎ針って、ごちゃごちゃになっちゃって自分がどの針を持ってるのかさえ分からなくなりそうだったので(爆)整理する意味でケースを作ってみました。

祖母が使ってたおさがりのかぎ針は専用のケースに入ってて全部の種類が揃ってるのですが、これは後で私が買い集めたものです。
予測していた通り、同じ号数の針が2本ほどありました。(苦笑)
でもこれで少しは見やすく、使いやすくなりました。

Monday, August 6, 2007

浮気心が

あれやこれやと私も忙しい人ですな。

と、自分で自分を遠巻きにみてしまいましたが。(笑)

おいおい、こないだやってた編み物はどうしたんだ?
いやいや、それよりも何よりも他のキルト達の作業はどうなのよ?

こういった事を考えながらも、「どうしても!」って時、ありません?
私はこの「どうしても!」ってのが、時々夜遅くになってから襲ってくるので困ったものです。
英語で言うところの「Creating bugs」が、なにやらザワザワ♪ザワァァワァァザワワァァァ♪(あれ、これ誰かの歌だったな。。。)と動き出し、いても立ってもいられなくって布をあれこれ出し始めたりするんですよ。近所迷惑、じゃなくって家内迷惑な話です。

で、今回もまた始めちゃいました。それもまたなんとも古風なやりかたで。(笑)
パターンを見てもらえば分かると思いますが、ダンボールの箱を利用してます。(笑)
いいのいいの、大昔のキルター達はこうやって型を作って使ってたんだから。

Sunday, August 5, 2007

パヒコの日々

ははは、またしても「レトロ」ネタです。

先日、スーパーで見かけた「パピコ」に異変が!(笑)
この包装を見て「おぉ、パピコよ」と懐かしがったアナタ、アナタは正しく昭和生まれです。(爆)

私が子供時代のパピコはこの包みでした。真ん中分けのちょっと麻丘めぐみやアグネス チャンを連想させるような女の子、これがあの当時の「健全で品行方正な少女」のイメージです。(笑)
この子のファッションの下の部分は見えませんが、多分サロペット(知ってる?爆)やサロペット型ミニスカートに真っ白なハイソックス。ハイソックスの上の部分に赤と青の2本線ボーダーが入ってたりしてもGoodです。

と、この説明だけでGoogleなどで検索もせずに頭の中にイメージが浮かんだアナタ、アナタは紛れもなく「昭和」生まれです。(笑)

Thursday, August 2, 2007

タフガイ

って、昭和な言葉でしょ~。
ここは英語でなく、やはりカタカナで「タフガイ」ですよね。
石原裕次郎さんの日活時代のキャッチコピーです。
このカタカナ使いもなんとも昭和でレトロ。

先日、裕次郎の映画の話をしたところ、お友達のTakakoさんのご出身地が彼ら石原兄弟と同じだとか。。。。
なんとも羨ましい。
そうです、ワタクシ裕次郎ファンです。
というと、ちょっと一体幾つなのよ!?って感じですが。。。。(笑)
正確には裕次郎さんは、私の父がまだ二十歳になるかならないかそこらの頃、この「裕次郎」を見る為に映画館に足繁く通った、いわゆる父の憧れのスターです。
当時の父の写真を見ると、髪型はあの「裕次郎カット」です。というか、そこに写ってる父の友人達も殆んどがこの髪型です。(爆)
それだけを見ても、当時の石原裕次郎という人のカリスマ性を垣間見る事が出来るのですが。。。。
私が裕次郎ファンになったのは、十年程前の事です。それまでは、私の中での裕次郎さんは「太陽に吠えろ」のボスのイメージが強くって。。。。ちょうど私が小学生の頃とかかな、いや、それよりもちょっと前か?
という事で、「おじさん」になってからの裕次郎さんしか知らなかったのだけれど、その前から前述でもあるように父からの「裕次郎と日活黄金時代」の話を聞かされていたので、いつかはこれらの映画を見たいと思っていました。(って言っても、当時高校生ぐらいになってた私はハリウッド映画の方が興味があってレンタルするのは洋画ばかりになってましたが)
そして、丁度十年位前かなぁ、日活黄金時代の裕次郎映画をテレビで初めてちゃんと見る事が出来き、それ以来ファンです。(笑)
若かりし頃の裕次郎、とにかく可愛いです、女性の母性本能がくすぐられます、しかも、当時の日本人にしては素晴らしくスタイルが良いのです。背が高くスラッとしていて、足が長い。驚きです。
この日活最盛期の昭和30年代後半の風景が、まるでドキュメンタリーのように裕次郎映画を見ていると出てきます。今のようなCGなどのない、そのままの「昭和」が、そこにはあります。
なんだかとても懐かしいような気持ちにさせてくれるところも、私が裕次郎映画を好きな理由です。

写真の3つの映画は私が好きな裕次郎映画の一部です。
「嵐を呼ぶ男」なんて、ドラム叩いて歌うシーンに惚れちゃいますよ。(笑)
この映画、昔一度リメイクされてましたが、このオリジナルとは程遠いです。なにって、カッコ良さが。とにかく、カッコいいの一言です。
今見ると、確かにこんな言葉遣いはしないよねぇ、とか、こんなストーリー展開はちょっと。。。とか、野暮ったく見えもするのですが、そんな事も全部含めて「それでもカッコいい」って思えちゃう、石原裕次郎って人は本物のスターです。

Wednesday, August 1, 2007

雲行きが。。。


怪しくなってきました。
またしても台風到来です。
でもって、私の住んでるところは規制があって外に出れません。


今、BS2でやってるのはなんともタイミングよく日活の石原裕次郎主演「風速40米」。

台風かよ~映画も、です。(笑)

去年のクリスマスにキルターの友達からもらった布達。
彼女の好みがModaのThree SistersとかのGirlyなスタイルなので、選んでくれた布も、いつもの私のテイストとは違う「乙女」なものでした。



それで、この布達を使って何を作ろうかって考えた時に、布の量も丁度いいかなって事でDoll Quiltを作ることに。
Backgroundの布も花柄のGirlyなものなので、ここまで作った時点で「う~ん、やっぱり乙女チック路線だな~」って思ったのですが、これをいかに私らしくするかって考えると、やっぱり「Scrapで作りました~」的に見せるしかないなぁって思い、↓の結果に収まりました。


写真がちょっと 暗いから分かりにくいけど。。。。
Small Quiltの良さを今回改めて実感。
というのも、Handで全ての工程をやっても、アッという間に出来上がっちゃいます。
Quiltingにはいつもその布に合った色の糸を選ぶのですが、今回はオフホワイトの糸で、フリーハンドでHand quiltingを色々と入れてみましたが、出来上がりがAntique Quiltの様な風合いになって気に入ってます。